job offers

需要が高い

建設業界での仕事の注意点

民主党政権では「ものから人へ」税金が使用され、公共施設の建設が大幅に減ったため、それに伴い建設現場で働く職人が減少してしまいました。現状、建設の仕事はたくさんありますが、人が足りていないため、求人率が高くなっています。建設業界の仕事というと、他の業種と比較すると危険なイメージがありますが、最近では安全管理意識がかなり高くなっており、ルールをしっかり守り、自分の身を守る意識があれば問題なく仕事ができます。会社によっては、仕事はあるが、職人が不足していることが原因で受注できないこともあり、職人の求人率は当分高いままでしょう。アルバイトなどの短期の求人もあり、とりあえずアルバイトで経験を積んでみるのも良いかもしれません。

高い技術の習得で高収入

建設業界では、職人の数だけでなく、高い技術を持つ職人の不足が深刻化しています。特に若い人達には敬遠される業界なので、経験がある職人から若手への技術継承がうまくいっていません。ただ高度な技術を持つ職人はどこの現場でも重宝され、給与が非常に高くなっており、年間一千万円も稼ぐ職人がいるほどです。大手企業への就職が安定していると考える学生が多いですが、大手企業は社内での熾烈な競争があり、必ずしも安定しているとは限りません。そう考えると建設業界は現状穴場の業界で、競争も比較的少ないことを考慮すると、この業界で頑張って、高い技術を身に付ければ高収入で安定した生活ができる可能性があります。業界のイメージだけで判断するのではなく、一度建設業界への就職も一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015 建設業で働きたいなら|求人から探して建物づくりに携わろう All Rights Reserved. http://f-tpl.com
このエントリーをはてなブックマークに追加