job offers

注意して見る

建設業界は、深刻な人手不足に陥っている

景気回復の影響もあり、建設業界は活況を呈している状況と言えます。しかしそれに伴って人手不足も如実に表れてきています。求人を出しても、なかなか応募する人がいないのです。人手不足は建設業界に限ったものではなく、サービス業など様々な職種で人が足りていないのです。そのため好待遇で求人を出しても、なかなか人が集まらないのです。今や完全に売り手市場の状態なので、求職者側の方が優位に立っていると言えます。それによって企業の方でも、待遇面を改善しなければ人が集まらないので、待遇改善が図られているのです。今後も暫くは、売り手市場の状態が続くと思われます。

求人情報

景気回復の影響などもあり、建設関係の求人数が増えています。人手不足により、好待遇で求人を募集をしている企業がたくさんあります。それは喜ばしいことですが、求職者側にとっては注意するべき点もあります。余りに好待遇の場合、なぜ社員が定着しないのか考える必要があります。勿論人員を増員するためとも考えられますが、それ以外に社員が定着しない理由があるかも知れません。ですからその点は、注意する必要があると思います。また「正社員登用あり」という表現にも注意が必要です。この表現により、正社員になれると期待しがちですが、正社員になれる確率はそう高くはありません。勿論中には正社員への道が開けている企業もありますが、そのような企業ばかりではありません。その点にも十分に注意して、応募する企業を決める必要があります。

Copyright © 2015 建設業で働きたいなら|求人から探して建物づくりに携わろう All Rights Reserved. http://f-tpl.com
このエントリーをはてなブックマークに追加